トレーナー

トレーナー紹介


余膳正志 Yozen Masashi
インスタグラム

自己紹介

トレーナーさんはどんな人?
はじめまして!
DPCのホームページをご覧下さり誠にありがとうございます。
私はパーソナルトレーナーの余膳正志と申します。元プロの総合格闘家で柔道整復師の国家資格を有しています。
DPCはどんな事をしていて、どんな人が通ってるの?
アスリートから高齢者まで体の使い方を指導させていただいております。
年齢層は30代から70代と様々で男女比は半々です。
DPCでトレーニングするとどうなるの?
一例ですが体の使い方を獲得する中でトレーニング中に悩まされていた肩の痛みを克服したボディービルダーや、僅か3週間で23メートル飛距離を伸ばしたベテランゴルファー、長年腰痛に悩まされてきたにも関わらずストレッチと呼吸で痛みなく快適さを取り戻すことのできたデスクワーカーさんがいらっしゃいます。
どうしてパーソナルトレーナーという仕事をやっているの?
約15年間フィットネスクラブで勤務してきたときの数え切れない程の感動的な体験がきっかけです。
運動によって身心が変わることで、お客さまと感動を分かち合えるのは最高の体験です。
それは自分とお客さまの1対1の中だけではなくご家族や大切な方にも連鎖すると確信しています。
そのサービスを追求し続けたいんです。
どうして、そのサービスをお客さまに届けたいの?
毎日をより楽しく快適に過ごされているお客さまを見てきているから。
「明日の自分にワクワクできる」とか「自分に自信や心のゆとりができると周りにも親切になれる。」
こういう事ってとても大切だと思います。
ジムで筋トレをしたり、ランニングするのと何が違うの?
効率的な体の使い方を学べるところです。
水泳や数学と異なり「体の使い方」は義務教育に入っていないので、何もしなければ人生で出会うことは無いに等しいと思います。
多くの方が膝、腰や肩の痛みを年齢のせいだと誤解したまま人生を過ごしていく。
またアスリートであれば怪我で悩み続ける。
そんな方に知っていただきたいです。
このページをご覧いただいている方にメッセージはありますか?
ガムシャラな筋トレではない体の使い方。
自動車教習所のようなイメージでしょうか。
体の教習所に是非お越し下さいませ。
できることが拡がり、目標までスムーズに辿り着くことができます。

取得資格

・柔道整復師(国家資格)
・ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)
・NSCA認定パーソナルトレーナー
・栄養コンシェルジュ2つ星
・FMS Level1,2修了
・SFMA Level1修了
・CFSC
・PRI
Postural Respiration修了
Pelvis Restoration修了
Myokinetic Restration修了
・DNSエクササイズコースpart1,2修了

競技歴

総合格闘技歴8年半
・プロ戦績8戦5勝(2KO)2敗1分(2004~2007年)
・アマ戦績20戦18勝2敗(2001~2003年)
・西日本、中部選手権優勝/全日本選手権準優勝
・プロ修斗ライトヘビー級世界ランキング7位
・2005年度ライトヘビー級新人王

リハビリ部門テクニカルアドバイザー紹介


垣本昇 Kakimoto Noboru

取得資格

・理学療法士(国家資格)
・国際PNF協会認定アドバンスコースPNF3修了
・パリス徒手療法S1(脊柱の評価と治療)修了
・NSCA認定パーソナルトレーナー

経歴

理学療法士として急性期、回復期、訪問リハビリを経験する一方、
総合格闘技、柔道、ゴルフ、フットサルにおいて、
第一線で活躍するアスリートのパフォーマンスアップまで幅広く活動。
また知識、技術面だけではなく、人柄や仕事に取り組む姿勢においても
関係者や患者さまから非常に高い評価を受け続けている。
余膳トレーナーの想いに賛同し、DPCリハビリ部門のアドバイザーに参画。